ファイザーの薬剤師求人

外資系企業薬剤師求人TOP >> 人気>> ファイザーの薬剤師求人

ファイザーの薬剤師求人

医薬品メーカーとして有名な企業、ファイザーは医薬品業界に携わる方でなくても名前を聞いた事がある方が多い有名企業で、その人気や好感度も高い企業です。海外の拠点はアメリカで、日本法人は東京に拠点を置いています。製薬メーカーとして効果の高い医薬品を多数製造しており、世界各国に拠点があり、商品が普及しています。

ファイザーに薬剤師として勤める場合の職種は治験コーディネーターやMRがメインですが、研究開発分野にも薬剤師が転職できる事もあります。通常、広く浅くというイメージで研究開発部門に採用されにくい薬剤師ですが、ファイザーではその窓口が広くなっているため、可能性としては低くはありません。ファイザーの事業は大きく4つの部門に分かれているのがその理由です。

まずは人々の総合的なヘルスケアを目指すプライマリーケア事業、次に医師が主に扱う、専門性の高い医薬品を扱うスペシャリティケア事業、現代医学の中でも重大な病気と位置づけられており、高度な技術が必要な抗がん剤の開発をするオンコロジー事業、ジェネリック医薬品など、特許の期限が切れた医薬品に関する事業を行っているエスタブリッシュ事業の4つです。これらの事業それぞれで求人がされるため、採用の窓口は広く、研究開発として仕事をしたい方、MRなどで活躍したい方、もしくはファイザーで行っている事業に興味がある方など、様々な方が応募できるようになっています。

もちろん採用のタイミングなどはあるため、確認は必要です。いつも求人が出ている訳ではないため、求人が募集されるまで、少し待つ必要がある可能性もあります。転職サイトのアドバイザーの方などにお願いしておけば、求人が入った時点で紹介をしてもらえる事もあります。ファイザーの求人を狙って応募したいという方は、少し転職活動にかける期間を長めに取って、検討していくと良いでしょう。

転職の際に気になる大きなポイントとして年収がありますが、ファイザーの年収は実は非公開になっています。そのため、求人情報だけではどの程度の額面になるかが分からないのが現状です。おおよその数字として、研究開発で700〜800万円、MRなどの職では1000万円近くなるという話が、口コミなどで流れていますが、一つの目安として捉えておくのが良いでしょう。外資系という事から考えて、高めの水準になる事が予想されますが、面接の際に確認しておく事をおすすめします。

外資系企業の薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 首都圏・関西・東海・九州 ☆☆☆☆☆ 詳細




Copyright (C) 2014-2017 外資系企業の薬剤師求人特集 All Rights Reserved.