外資系CROの求人

外資系企業薬剤師求人TOP >> 企業種類別 >> 外資系CROの求人

外資系CROの求人

薬剤師としての仕事の中で、人気が高いのが医薬品の研究開発の仕事です。やはり新しい医薬品を自分の手で作っていく、開発に携われるというのは大きなやりがいに繋がり、ものを作っていくのが楽しいという方も多いです。そのため、人気が高く、花形の職業とも呼べる職種の一つです。ただ、薬剤師の場合、化学や生化学、医療の知識など、幅広い知識を身に付けていますが、実はそれが逆効果になる事もあるのです。幅広い知識を持っているという事は逆に言うと、尖った知識を持っていないという事でもあります。

特に研究開発の場合、こうした専門性が特に高く、各分野のハイレベルな知識が求められます。そのため、薬剤師が研究開発の仕事をするのは、不可能ではありませんが、狭き門になっています。こうした、研究開発の仕事をしたくてもできないという薬剤師の方に最近人気が高まっているのが、CROの仕事です。

CROは製薬メーカーが医薬品の開発をしていく際の、治験の仕事や膨大なデータの取りまとめを代行する企業の事を指します。医薬品の開発には多くの時間と労力が必要になりますが、医薬品メーカーの人手だけでは足りないという事も起こってきます。そうした際に、CROが手伝う事によって、よりスムーズな開発ができるようになり、多くの新薬を世に送り出す事が可能になります。

CROは下請けのような側面もありますが、医薬品の開発の重要な部分を担う事もあり、そのやりがいは十分にあります。また、薬剤師の方のスキルでも行える仕事も多くあるため、医薬品メーカーでは少し難しいけれど、どうしても研究開発の仕事がしたいという方に人気が高くなっています。CROは外資系の企業も多くあります。海外でももちろん医薬品の開発は盛んなため、それをサポートするためのCROも多くあるのです。そのため、外資系のCROを転職先として検討するのも一つの選択肢です。求人も定期的に募集されているため、チェックしていれば見つけられる事も多くあります。

外資系と国内企業で異なるのは、求められる成果の違いです。外資系のCROでは、成果がシビアに問われ、仕事の中で結果を出していけば、それに見合った収入や立場に反映されるスピードも早いです。もちろん国内の企業でも基本は同じですが、よりシビアに成果が問われる環境と言ってよいでしょう。その分、チャレンジのしがいはあるので、挑戦する事を前向きに楽しめる方に向いていると言えます。

外資系企業の薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 首都圏・関西・東海・九州 ☆☆☆☆☆ 詳細




Copyright (C) 2014-2017 外資系企業の薬剤師求人特集 All Rights Reserved.