中高年薬剤師が外資系企業への転職を成功させるには

外資系企業薬剤師求人TOP >> ポイント >> 中高年薬剤師が外資系企業への転職を成功させるには

中高年薬剤師が外資系企業への転職を成功させるには

薬剤師の転職先として人気を集めているのは製薬会社などの企業で働く業種です。企業薬剤師の中でも特に人気なのは外資系企業と言われています。理由としては高収入であることや、内資系企業にはない福利厚生の充実、研究職や開発職の魅力などが主にあります。

外資系企業で活躍している主な薬剤師の平均年齢は30代半ばです。この点を考えると、中高年で外資系企業への転職は難しいということでしょうか。年齢制限がある企業もありますが、基本的に外資系企業で公開されている案件数や求人数が少ないため、どの年齢であっても転職は簡単ではありません。中高年の場合は若年層にはない豊富な経験や知識があります。また外資系企業がどのような人材を必要としているかを理解して、そのポイントとなる部分を押さえておくならば、中高年の薬剤師であっても外資系企業へ転職できる可能性は十分にあります。

やはりまず必要とされるのは英語力です。どれほど薬剤師としての仕事ができ、経験値があっても英語でのコミュニケーションをとることが出来なければ外資系企業への転職をすることは難しいです。ビジネス英会話や医学用語、薬学用語などに関する英語での知識も必要となってきます。

しかし最近の外資系企業の多くは、英語力も求める以上に日本人としての総合力を必要としている傾向があります。つまり英語だけ流暢に話せたとしても肝心の薬剤師としての能力が伴っていなければ仕事ができません。また外資系企業での業務には情報収集やデータ管理、資料作成やプロジェクト会議など多岐にわたります。薬剤師としての知識を使う仕事もありますが、会社員として働く感覚の方が強いかもしれません。そのため、コミュニケーション能力やアピール能力を必要とする場面は数多くあります。また自分の仕事は自分で管理し成果を上げることが大前提であるため、自己管理能力やタイムマネジメント能力も身に着けておくことが必須です。

自分の年齢を考えると、外資系企業への転職を躊躇してしまうこともあるかもしれません。しかし企業が求める人材は決して若ければ良いというものではありません。全ての分野においてバランスの取れた薬剤師を必要としています。中高年薬剤師の中にはそういった人材は少なくありません。あとは、転職先での新たな環境や業務にフレキシブルに対応することが求められます。つまり、それまでの自分の考え方や仕事のやり方にこだわるのではなく柔軟性を持って仕事することが成功のポイントといえます。

外資系企業の薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 首都圏・関西・東海・九州 ☆☆☆☆☆ 詳細




Copyright (C) 2014-2017 外資系企業の薬剤師求人特集 All Rights Reserved.