薬剤師が外資系企業を志望するのによくある理由は?

外資系企業薬剤師求人TOP >> ポイント >> 薬剤師が外資系企業を志望するのによくある理由は?

薬剤師が外資系企業を志望するのによくある理由は?

どのような職場で薬剤師として働くにしても、志望動機は大切です。転職時の面接でもまず間違いなく聞かれる質問です。転職を考える薬剤師もさまざまな理由で外資系企業を志望しています。

やはり外資系企業の魅力は高収入、厚待遇です。今の職場での収入と比較してかなりの高収入に引き付けられて外資系企業を志望している薬剤師も少なくないでしょう。ここ数年の薬剤師の平均年収は約500万円から600万円程度です。外資系企業での求人募集では年収1000万円以上の案件を多く見ます。単純に考えても平均年収の2倍の収入になります。また待遇面でも1週間のうち4日程度の勤務形態であることや、交通費全額支給という条件は内資系企業には余りない魅力的な面です。

高収入を理由に外資系企業を志望することは間違ったことではありません。しかしなぜ高収入なのか、その理由をよく理解したうえで転職する必要があります。外資系企業は基本的に実力主義、成果主義であることが経営方針となっています。仕事が出来ればそれだけの収入や報酬を得ることができます。逆に仕事でどれほど頑張っても成果が上がらなければ収入も上がりませんし、最悪の場合は会社をリストラされる可能性もあります。そうした環境下でのストレスにも負けることなく仕事に集中できるならば、やりがいのある仕事から高収入を得ることができます。

英語を活かした職場で仕事をしたいという理由で外資系企業を志望する薬剤師もいます。求人情報などをみると、TOEICの具体的な点数を上げている企業も多くあります。ビジネス英語は勿論ですが、普段使うことのない医療用語や薬学に関する専門用語も流暢に話し、使いこなす必要があります。また上司とのやり取りや提出資料なども全て英語で対応することになります。会議などでは、英語でコミュニケーションを取り、相手の考えを読み取る必要もあります。企業の中には転職後に英語力を向上させるための研修体制を組んでいるところもあります。いずれにしてもかなり高度な英語力が求められます。

他にも研究職や開発職に携わりたいという志望動機を持っている薬剤師もいます。外資系企業の中でも研究・開発に携わる部署はありますが、実際に新薬の研究開発に携わることができている薬剤師はほんの僅かです。他にも情報収集やMR業務など業務内容には多岐にわたります。

どのような志望動機であっても、外資系企業で働くことで、薬剤師としての貴重な経験を積みキャリアアップの糧とすることができます。

外資系企業の薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 首都圏・関西・東海・九州 ☆☆☆☆☆ 詳細




Copyright (C) 2014-2017 外資系企業の薬剤師求人特集 All Rights Reserved.