外資系企業ではリストラが多い?

外資系企業薬剤師求人TOP >> ポイント >> 外資系企業ではリストラが多い?

外資系企業ではリストラが多い?

外資系企業で働く薬剤師は高収入、厚待遇、英語も話せる人気の職業と考えられるかもしれません。確かに病院や調剤薬局で働く薬剤師に比べると平均年収は高く、内資系企業では余り聞かれない厚待遇があります。しかし、外資系企業は内資系企業よりもリストラされやすいという声を聞くのも事実です。

薬剤師が転職を希望する外資系企業には製薬会社や化粧品会社、医療機器メーカーなどがあります。そうした企業のほとんどは実力主義や成果主義という経営理念があります。ここが内資系企業との大きな違いになります。つまり結果を数字で出すことが出来なければいけないということになります。

外資系企業が破格の高収入や厚待遇を出せるのもここに理由があります。実際に仕事で成果を上げることができれば、その分だけの報酬を受け取ることができます。しかしどれほど仕事をしても成果を上げることが出来なければ報酬は発生しませんし、最悪の場合はリストラされることになります。内資系企業で働いている時と同じような感覚で働いて高収入を得ることはできません。それ以上の努力と実力が求められる職場環境といえます。

成果を収めるために必要なことはなんでしょうか。最低限必要とされるのは英語力です。外資系企業の場合は業務のほとんどで英語を使用することになります。そのため、日常英会話程度の英語力では太刀打ちできません。ビジネス英会話などネイティブレベルの英語力が求められています。加えて、薬剤師として勤務するためには医学用語や薬学に関する専門用語なども英語で流暢に話し、聞く必要があります。転職後に英語スキルアップのために研修体制を持つ企業もありますが、転職前から英語力は身に着けなければ仕事になりません。

また自己管理能力がなければ、外資系企業で活躍することは難しいです。仕事で成果を上げるためには、自分の仕事や生活、目標を管理し達成させる必要があります。内資系企業では自分でするのではなく、企業や部署がその役割を果たしていることがほとんどです。しかし外資系企業では自分で自分を奮い立たせ、高いモチベーションを保たなければなりません。

日本ではミスをしなければ問題ないという考え方が多いですが、外資系企業では通用しない考え方です。ミスをしないのは当たり前、結果を出さなければ意味がないという考え方の方が強く根付いています。厳しい環境ではありますが、薬剤師としてのスキルアップをするには刺激的な職場環境といえます。

外資系企業の薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 首都圏・関西・東海・九州 ☆☆☆☆☆ 詳細




Copyright (C) 2014-2017 外資系企業の薬剤師求人特集 All Rights Reserved.