外資系企業に残業はある?無い?

外資系企業薬剤師求人TOP >> ポイント >> 外資系企業に残業はある?無い?

外資系企業に残業はある?無い?

外資系企業にも残業はありますが、日本の企業と比べるとかなり少ない傾向にあります。これはどうしても業務が終わらなければ残業はする事もありますが、基本的には、残業をせずに時間内に成果を出す事が良いと考える企業が外資系には多いためです。メリハリを付けて、やる時はやり、それ以外の時間は仕事以外の事を楽しむという事を大切にしている方も多く働いているため、日本企業のように、誰も帰らなくて気まずい雰囲気になっていたり、だらだらと残業してしまうという事もありません。

外資系のこのようなはっきりとした雰囲気は合う人にはとても合いますが、ドライな面があるのも事実です。特に国内企業で働いた事がある方は、その違いにかなり驚く事もあるかもしれません。あくまでビジネスとして捉え、合理的に考える姿勢は、国内企業で働いていると厳しく感じてしまう事もあるため、念頭に置いた上で検討すると良いでしょう。

逆に、外資系の場合はきちんと成果が出せれば、残業のない状態から更に進み、どんどん楽になる事もあります。特にMRなどの仕事は成果が出せていれば何も言われないため、定時で帰りながらも高い収入を得ている方という方もいます。国内企業では、多くの時間を働く事が大切で、管理職の方なども遅くまで残業をしている風景は多くみられるため、言わば逆の状態です。

薬剤師の方はかなり勉強している方も多く、論理的に考える思考が身に付いているため、こうした外資系の合理的判断を重んじるスタイルは性に合うという方も多いです。そのため、外資系企業への薬剤師の転職は最近多くなっており、より自分のスキルを生かしてチャレンジしていきたいという方のための格好の場となっています。残業も少なく休日も取れ、なおかつ成果を出せば収入もそれに見合った分だけ貰えるという外資系企業は、こうした方にとっては理想の職場となる可能性も高いです。

外資系の求人をチェックする際には転職サイトを利用するのがおすすめです。最近は薬剤師専門の転職サイトも出てきており、より転職しやすい環境が整ってきています。数多くの求人をチェックし、その中から比較して求人を選ぶ事ができますし、転職アドバイザーという、転職についての気になる事や相談、アドバイスなどを行ってくれる方が担当として付いてくれます。外資系への転職は分からない事がある方も多いため、こうした方に聞くと、すぐに教えてくれたりアドバイスを貰う事もできて便利です。

外資系企業の薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 首都圏・関西・東海・九州 ☆☆☆☆☆ 詳細




Copyright (C) 2014-2017 外資系企業の薬剤師求人特集 All Rights Reserved.