外資系企業への転職時に大切な心構え

外資系企業薬剤師求人TOP >> ポイント >> 外資系企業への転職時に大切な心構え

外資系企業への転職時に大切な心構え

薬剤師の求人の中で特に人気があるのは外資系企業での薬剤師勤務です。その理由としては高収入が可能であり、手厚い福利厚生、フレックス制での勤務など病院や調剤薬局で仕事をする場合とは違う魅力的な面がある事です。

外資系企業の中でも特に製薬会社、医療機器メーカー、化粧品メーカーなどが薬剤師の求人募集をするケースがあります。業務内容は多岐にわたりフレキシブルに対応することが求められます。勿論、新薬の研究や開発、医薬品管理、MRといった業務もこなします。その他にも新薬申請に必要とされる様々なデータ収集や提出用の資料作成、最新医学情報の提供など、薬剤師としての幅広い知識が求められますが、業務内容としては本来の薬剤師業務とは異なることが多いです。

外資系企業の場合は経営理念や経営方針なども異なり、実力主義や能力主義と考えられています。そのため、高収入や厚待遇が可能になっています。外資系企業の収入としては年収1000万円以上という求人情報をみることがありますが、これも実力主義ということを忘れてはいけません。つまり仕事で成果を上げれば上げるほど高収入は可能です。しかし逆にどれだけ仕事をしても成果や実績を示すことができなければ高収入を得ることはできないのです。最悪の場合、リストラされてしまうこともあります。

外資系企業ですから、勿論英語能力も必要とされます。流暢なビジネス英会話でコミュニケーションをとることができ、且つ相手の英語を聞き取ること、意図をくみ取る必要もあります。時には日本語でも相手の考えている事や意図を会話から理解するのは難しく感じますが、それを母語ではない英語でする必要があるのですから、かなりの英語力が必要になるといえます。加えて医療用語や薬学関連の専門用語も英語でマスターする必要があります。

英語と同じく大切な点として自己管理能力が求められます。フレックス制で働ける外資系企業が多いですが、それは自分で働く時間を組み立てて、その計画の中で実績を上げていく必要があります。誰かに強制されることなく、自分で向上心をもち薬剤師としてのスキルアップと仕事のやりがいを目指すことができなければいけません。

外資系企業で働くためには、一般企業で働く薬剤師以上の努力と明確な目標が必要です。ただ高収入のために転職を考えると、転職後が大変になります。自分の生活、仕事、目標を管理し向上心を持って仕事をする心構えが必要不可欠です。

外資系企業の薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 首都圏・関西・東海・九州 ☆☆☆☆☆ 詳細




Copyright (C) 2014-2017 外資系企業の薬剤師求人特集 All Rights Reserved.