外資系企業の研究職の薬剤師求人事情

外資系企業薬剤師求人TOP >> ポイント >> 外資系企業の研究職の薬剤師求人事情

外資系企業の研究職の薬剤師求人事情

薬剤師の中でも花形と言える職種が製薬会社などの研究職です。日本国内にある外資系企業においても研究職で働く薬剤師もいます。しかし人気がある職種でもあるため、研究職に転職するのはかなり至難の業となります。

企業で働く研究職とは、一言で言えば新薬の開発です。今まで世界にない薬を開発することで企業にとっては莫大な利益をうむことになります。しかし研究職があるのは製薬会社だけではありません。外資系の化学メーカーや食品メーカー、化粧品メーカーにおいても研究職として働く機会があります。それぞれの企業で取り扱っている製品は異なりますが、基本的にはこれまでに世に出ていない新しい物を開発することが研究職の仕事です。

外資系企業の研究職へ転職するためには、前職でも研究職であることが必須条件となります。病院薬剤師や調剤薬局で働く薬剤師が急に研究職へと転職することはまず不可能です。また研究職に就く薬剤師のほとんどは国内外の一流大学の卒業生です。ほとんどは博士号を取得していますし、最低でも修士号を取得しています。高学歴出身者が多いのが現実です。

転職に適している年齢としては、研究職で働いている薬剤師の年齢から考えて20代から30代半ばが適していると判断できます。上述した学歴を踏まえると、30代半ばで転職するケースが多そうです。外資系企業で研究職に転職ができれば年収約1000万円以上は珍しくありません。しかし外資系企業の特徴でもある成果主義が研究職にも根付いていることを頭に入れておく必要があります。勿論、短期間で新薬を開発することは難しいですが、ある程度の数字に見える結果をコンスタントに出していく必要があります。自分の研究分野において専門性があるならば比較的有利に転職することができます。

就職、転職を問わず外資系企業で研究職に就くことはかなり難しい状況です。その理由としては、人気が高いことが第一にあげられます。薬剤師が働く職場において生涯年収が最も高い事や、外資系ならではの厚待遇も人気の理由です。また薬学部出身者だけではなく、生物学や物理学出身者なども求人に応募します。薬剤師だけが研究職に就けるわけではないのです。反対にある企業では、化学や農学に関わる知識を持つ人材を優先することもあります。

不景気が続いているため、日本に進出していた企業でも撤退してしまっていることもあります。そのため研究職全体の求人数も数年前に比べて減っているのが事実です。

外資系企業の薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 首都圏・関西・東海・九州 ☆☆☆☆☆ 詳細




Copyright (C) 2014-2017 外資系企業の薬剤師求人特集 All Rights Reserved.