外資系企業からのヘッドハンティングは期待できる?

外資系企業薬剤師求人TOP >> ポイント >> 外資系企業からのヘッドハンティングは期待できる?

外資系企業からのヘッドハンティングは期待できる?

どの業界においても能力のある人材を自社に引き抜くヘッドハンティングがあります。薬剤師の業界ではあまり行われていないのが現状ですが、決してヘッドハンティングがない訳ではありません。

外資系企業においても有能な人材は是非とも欲しいものです。薬学部6年制などの影響が多少緩和されたとはいえ、いまだに薬剤師業界は人手不足が続いています。新卒者を採用する傾向のある外資系企業ですが、やはり新卒者に1から仕事を全て教えていくよりも経験があり、能力のある薬剤師を他の企業からヘッドハンティングした方が効率的ですし、企業の利益にもつながります。

外資系企業にヘッドハンティングされる薬剤師にはどのようなケースがあるでしょうか。またヘッドハンティングを期待する薬剤師は何に取り組む必要があるでしょうか。

まず大切なのは企業側から見て魅力的な人材になるということです。つまり能力があることを認めてもらう必要があります。そのために有利なのは、製薬会社で新薬開発に携わっている薬剤師や大学病院や企業などで医薬品研究に参加している薬剤師です。研究開発した結果が形として残りますし、論文などが学会などで評価されると企業側にとっては一つの規準としてその薬剤師を評価することができます。

薬剤師にとっては人気の職場である外資系企業ですが、ヘッドハンティングされたからといっても必ずしも転職しなければいけないという訳ではありません。現在でも外資系企業で働いている薬剤師は例外ですが、民間企業や大学病院などから転職した場合は年収や福利厚生では魅力的な条件がそろっていますが、その分要求されることも増えるという覚悟が必要です。

外資系企業は基本、実力主義または成果主義です。極端な話、結果をだせないなら意味がないという考え方です。それでヘッドハンティングされたということから、自分の能力や実力が認められたと考えることもできますが、転職後はその期待に十分応えることが求められているということです。自分の知識やスキルを最大限発揮させることができる職場ですが、ストレスを感じる場合も少なくないでしょう。

外資系企業の場合、研究職や開発職で転職するケースが多いですが実際に働いてみると別の分野での仕事をするということもあります。データ収集や資料作成、MR業務など業務内容は多岐に渡ります。実際に転職後に自分がどのような分野で働くことができるのか、そのために自分は備えができているかをじっくり考えることも大切です。

外資系企業の薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 首都圏・関西・東海・九州 ☆☆☆☆☆ 詳細




Copyright (C) 2014-2017 外資系企業の薬剤師求人特集 All Rights Reserved.