外資系への転職に英語力は必要?

外資系企業薬剤師求人TOP >> ポイント >> 外資系への転職に英語力は必要?

外資系への転職に英語力は必要?

外資系企業で薬剤師として働く場合、英語は必要な職場とそうでない職場で分かれ、必須という訳では実はありません。外資と聞くと高いレベルの英語が必要になる場合もありますが、例えば外資系企業のMRとして働く場合は、国内の病院や医療関連施設を回れば良いため、英語力はそこまで必要ではありません。職種や職場によっても分かれるというのが現状なので、英語ができないからと言って諦める事はせず、気になる方はチャレンジしていきましょう。

逆に英語が必要な場合はどれくらいのレベルが必要なのかと言うと、これも職場による部分はありますが、TOEICで700点以上くらいのレベルが求められる所が多いです。職場によってはもっと点数が高かったり、他の条件などがある場合もありますが、平均的にはこのくらいのレベルと言ってよいでしょう。やはり本社が海外にあると、本社とのやり取りの際に英語が必要になりますし、提供される情報も英語がメインとなります。そのため、ある程度の英語はすらすらと読みこなせたり、話せたりできる必要があります。

逆に英語ができれば、チャンスも大きく広がり、外資系企業の中でも使える人材として見られるようになります。自分のレベルを高めるという意味でも、英語を習得する事はメリットが大きいと言えるでしょう。苦手としている方も克服したり、今後の自分への投資として、英語を転職の前に勉強するのも良いでしょう。仕事の合間などを使っての勉強にはなりますが、薬剤師になるために、多少の英語の勉強は多くの方がしているはずなので、下地はあると言えます。そこを固めていくため、ゼロからのスタートではないので、始めてしまえば意外にスムーズに身に付いたりもします。

このように、英語ができなくても済む外資系企業の求人を探すのも良いですし、転職活動を良いきっかけとして英語を身に付けるというのも良い選択肢です。また、既に英語を身に付けている方は、そのスキルを生かして活躍していけるので、外資系の求人の中から、自分に合うものを選んでいきましょう。

こうした求人のチェックには転職サイトを利用する方が多いと思いますが、最近は薬剤師専門の転職サイトも登場しています。外資系を始めとして求人が豊富に揃っており、転職のアドバイスなどをしてくれるアドバイザーの方も、薬剤師業界に詳しい方が担当してくれます。上手く活用していけば、転職活動をよりスムーズに行う事ができるのでおすすめです。

外資系企業の薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 首都圏・関西・東海・九州 ☆☆☆☆☆ 詳細




Copyright (C) 2014-2017 外資系企業の薬剤師求人特集 All Rights Reserved.