外資系企業の営業職の薬剤師求人事情

外資系企業薬剤師求人TOP >> ポイント >> 外資系企業の営業職の薬剤師求人事情

外資系企業の営業職の薬剤師求人事情

研究職と並んで就職・転職先として高い人気を集めているのが開発職です。日本では研究開発として一括りに考えられますが、製薬会社などでは研究と開発で分かれ、業務内容も大きく異なります。

研究職では新薬の開発を行います。それに対して開発職では新薬の臨床試験を行うことが主な業務内容になります。新薬を開発しても、それをすぐに患者さんに投与することはできません。安全性や有効性をあらゆる角度から検証し調査することが必要です。それを行うのが企業で働く開発職の薬剤師です。新薬が出来たら、臨床試験を引き受けてくれる病院を日本各地から探し、そのために全国を行き来することになります。開発職に携わる薬剤師は研究職と臨床試験を行う医師のパイプ役といえます。

薬剤師が開発職として転職できる外資系企業としては製薬会社だけではなく、化学メーカーや食品メーカー、化粧品メーカーもあります。研究職と比較すると、転職できる確率は上がりますが、それでも決して簡単な訳ではありません。ある調査では研究職への就職転職を希望する人材の倍率は1000倍でした。一方、開発職の倍率は100倍だったようです。簡単ではありませんが、研究職よりは可能性があります。

転職するためには、前職においても開発職か関連している仕事が必要です。開発職で活躍している薬剤師などは殆どが一流大学、大学院の卒業生です。薬事申請業務や海外への薬の輸出もしくは輸入などのために申請業務が多くあります。英語力は必然的に必要不可欠となります。外資系企業の場合は日本の製薬会社などの開発職よりも、高収入、厚待遇で働くことができます。年収1000万円以上も少なくありません。

開発職で働く薬剤師にも忍耐強さや粘り強さが求められます。新薬開発後も一般に販売されるまでには、かなりの歳月が必要とされます。自分の行っている仕事の結果がすぐには目に見えないということがほとんどです。そんな中でも外資系企業の成果主義のもとに仕事をするため、一定期間でコンスタントになんらかの結果を出していく必要もあります。しかし新薬誕生に間近に立ち会うことができるのは大きなやりがいになります。

ここ数年は外資系企業での開発職に関する求人は減少傾向にあります。不景気などの影響で日本国内に合った研究所や支社などが閉鎖されているためです。また薬剤師以外にも化学や生物学などで博士号などを持つ人材も開発職で働くことができるため、競争率はかなり高くなっています。外資系企業への開発職での転職は不可能ではありませんが、かなり狭い道となっています。

外資系企業の薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 首都圏・関西・東海・九州 ☆☆☆☆☆ 詳細




Copyright (C) 2014-2017 外資系企業の薬剤師求人特集 All Rights Reserved.