外資系企業への転職に適した年齢は?

外資系企業薬剤師求人TOP >> ポイント >> 外資系企業への転職に適した年齢は?

外資系企業への転職に適した年齢は?

薬剤師は年収アップやキャリアアップを目標に数年に一度の周期で転職することが珍しくありません。様々な職場や業種を経験することで、薬剤師としてのスキルアップや経験につながります。では大手外資系企業への転職を希望する場合に適した年齢とはあるのでしょうか。

外資系企業で現在活躍している薬剤師の平均年齢は36歳です。この年齢を参考にすると30代前半で転職することができれば、有利にその後のキャリアを重ねることができます。逆に36歳を過ぎても転職は不可能ではありませんが、基本的に非公開の案件や求人数が少ない事を考えると30代後半、40代での外資系企業への転職は難しくなりそうです。

勿論、20代でも外資系企業で活躍している薬剤師も少なくありません。内資系企業の場合は年功序列が社風となっています。どれだけ仕事ができても、ある程度年齢と経験を重ねなければ昇進することはできません。しかし外資系企業においては、全く異なり実力至上主義です。実力が認められれば、年齢は関係ありません。仕事ができればその分だけ報酬として還元されますし、年齢を重ねても仕事で結果出せなければ年収は上がりませんし、リストラになる可能性もない訳ではありません。それで、若い時から自分の実力を試したいと考えるやる気に満ちた薬剤師の場合、チャンスがあればなるべく早い段階で転職するのも一つの方法です。

外資系企業においても、研究や開発だけがすべての仕事ではありません。情報を収集して様々な書類や資料を作成することも必要ですし、会議への出席などもあります。薬剤師としての本来の業務よりも会社員として果たすべき業務の方が多い場合もあります。そのため、転職前にも基本的な薬学の知識に加えて会社員として必要とされる業務を効率よくこなせる能力を身に着けておくと転職後もスムーズに業務を果たすことができます。

一般的に外資系企業で働く薬剤師は高収入、厚待遇というイメージがあるかもしれません。しかしそのためにはあらゆる努力を惜しまずにしなければいけません。基本的に業務に英語が欠かせません。資料作成や業務連絡、会議なども英語が必要です。そのためには難しい医学用語や専門用語も英語で話せるようにならなければいけません。また自己管理能力も不可欠です。会社や上司に自分の仕事を指示されることなく、結果を出すためには自分で自分の仕事や生活を管理しなければいけません。こうした目標や能力をしっかりと身に着けることができれば、年齢が若くても十分に外資系企業において結果を出すことができます。

外資系企業の薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 首都圏・関西・東海・九州 ☆☆☆☆☆ 詳細




Copyright (C) 2014-2017 外資系企業の薬剤師求人特集 All Rights Reserved.